うちだ皮膚科クリニック

上星川駅南口すぐ

当院は乾癬における
生物学的製剤使用承認施設です。

MENU

アトピー性皮膚炎

Atopic dermatitis

Atopic dermatitisアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う皮疹が全身に現れ、皮膚症状は良くなったり悪くなったりを繰り返すことが特徴です。
アトピー性皮膚炎の発症に重要なのがアトピー素因です。

アトピー素因とは

  • 家族にアレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性鼻炎/結膜炎)あり
  • 患者自身にアレルギー性疾患の既往あり
  • 血中IgE抗体が高値
「多因子性疾患」の病気
  • 「体質的な要因」:原因には、アトピー素因やバリア機能低下しているなど
  • 「環境的な要因」:アレルギー症状を起こす原因物質(アレルゲン)や外部刺激など

この2つの要因により皮膚症状があらわれます。悪化要因や症状は人によって様々です。
これはアトピー性皮膚炎が、複数の要因が影響する「多因子性」の病気であるためです。

体質に関する要因
  • アトピー素因
  • 皮膚のバリア機能低下
環境に関する要因
  • アレルゲン(アレルギー症状の原因となる物質)
    食物、ダニ、ほこり、カビ、花粉、動物の毛やフケなど
  • アレルゲン以外の刺激
    汗、衣類による摩擦、乾燥、ひっかき傷、「洗剤」など日用品、化粧品など
  • その他 寝不足、過労、ストレスなど
アトピー性皮膚炎では皮膚のバリア機能が低下している

ヒトの角層は以下の①②によりバリア機能を担っています。

  • 外からの刺激や雑菌などの外敵が体内に入り込むことを防ぐ
  • また水分を保持する

アトピー性皮膚炎の患者の皮膚は、角質細胞間脂質や水分を保つ天然保湿因子が減ってしまいます。その結果、角層のバランスが崩れ、外から様々な刺激やアレルゲンが侵入しやすくなり、一旦皮膚から侵入すると免疫細胞と結びつき炎症が生じて痒みを伴います。

痒みが生じると、掻破行為をしてさらにバリア機能低下、炎症が増強という悪循環が起こります。

治療

病状に合わせて塗り方を考えることが重要です。
徐々に軟膏を漸減するプロアクティブ療法も指導します。

保湿剤

適切な部位に適切な種類・量・性状の保湿剤を塗る必要があります。

ステロイド外用剤

6種類のランクがあり、部位により皮疹の性状により使い分けが必要です。
局所副作用:多毛(毛深くなる)、皮膚萎縮(皮膚がうすくなる)、顔面紅斑(赤い顔)などほとんどの場合は、適正使用すれば問題なく過ごせます。

タクロリムス軟膏(プロトピック軟膏®)

プロトピック軟膏

免疫抑制剤です。顔面の湿疹に有効です。
ステロイドと違い皮膚萎縮等の副作用はありません。
塗り始めは皮膚刺激感の起こる場合があります。
0.03%と0.1%を使い分けることも重要です。

コレクチム軟膏®

プロトピッコレクチム軟膏ク軟膏

ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤。
2021年3月には小児に適応になりました。
細胞内の免疫活性化シグナル伝達に重要な働きをするJAK/STAT経路をブロックします。

抗ヒスタミン剤内服

十数種類あります。かゆみ、掻破予防に対し投与します。 眠気などの副作用が出ることがあります。

バリシチニブ錠(オルミエント錠®)

オルミエント錠
オルミエント錠

ヤヌスキナーゼ(JAK1/2)阻害剤。
2020年12月アトピー性皮膚炎に適応を取得した新薬です。1日1回1錠内服。
当院は生物学的製剤承認施設にて処方可能ですが、承認されていないクリニックでは、処方できませんので確認が必要です。
細胞内の炎症の信号を伝えるJAK-STAT経路をブロックして、サイトカインが受容体に結合しても、炎症やかゆみが誘導されないように症状を抑えます。

オルミエントは、ステロイド外用剤・プロトピック軟膏などを投与しても十分な効果が得られない15歳以上のアトピー性皮膚炎の方が対象となります。

オルミエント錠®に関して詳細はこちら

患者さん負担・費用の目安について(薬剤費のみ)
オルミエント®の薬剤費(4週間(約1カ月))
  • 4mgの場合

    全額負担 147,560円
    70歳未満(3割負担) 39,814円
    70-74歳未満(2割負担) 26,542円
    75歳未満(1割負担) 13,271円
  • 2mgの場合

    全額負担 75,880円
    70歳未満(3割負担) 22,760円
    70-74歳未満(2割負担) 15,180円
    75歳未満(1割負担) 7,590円

定期的に採血、胸部XPは検査します。

デュピルマブ(デュピクセント)皮下注射

対象者は以下を満たす患者さんです。

  • ステロイド外用剤・プロトピック軟膏などを投与しても効果不十分
  • 15歳以上のアトピー性皮膚炎の方

IL-4受容体(IL-4Rα)に対する作用によりアトピー性皮膚炎にて、過剰に産生させるサイトカインIL-4/13をブロックして効果を発揮します。

2週間に1回注射しますが、自己注射により維持期の通院は3か月に1回で済みます。
注射は押し当てるだけのオートインジェクターであり操作がとても簡単です。
始めは院内にて看護師が指導しますのでご安心ください。

実際の診療の流れ
  1. 受診初回
    導入に際してしっかりとご説明をさせて頂きます。
    ・皮疹の確認/評価(皮疹面積、重症度スコア、患者満足度)
    ・採血:アトピー性皮膚炎の病勢を表すTARC値、悪化因子の検索View39
    薬剤投与の日時を院内にて予約します。
  2. 2日目:初回から2週間後
    動画にて実際の投与方法を確認して頂きます。
    1本目は看護師が指導します。2本目はご自身にて投与して頂きます。
    (投与開始日のみ2本、その後は1本ずつ投与となります。)
  3. 3日目以降
    患者さんご自身で注射投与して頂きます。問題なく施術できましたら、次回から受診時は処方のみとなり、2週間に1回自宅にて自己注射となります。
    処方は2ないし3か月分処方します。
  • 実際の診療の流れ
  • デュピクセント
医療費助成制度について

デュピクセントを導入した患者さんは、その効果に大変満足されております。
しかし、中には治療を継続していく上で「治療費が高い」と考える方もおられます。
その場合、国の定めた高額療養費制度を使うことをご検討ください。
個々のご年齢・収入により異なりますが、だいぶ費用負担が軽減されるケースがあります。
またお勤め先の組合、役所にご確認いただくことをお勧めいたします。
ある企業では、月2万円以上の医療費は健保組合が負担してくれるという方もおられました。
是非ご活用ください。

デュピクセントに関して詳細はこちら